第12話 産めよ、増えよ、地に満ちよ  (創世記9:1−17)

                                       牧師 二宮めぐみ

 あなたたちは産めよ、増えよ、地に群がり、地に増えよ。(7節)

 ◇洪水物語のフィナーレの部分です。ここで、神様は人間に祝福に満ちた命令を与えています。第一に「産めよ、増えよ、地に満ちよ。」第二に「地のすべての獣と空のすべての鳥は、地を這うすべてのものと海のすべての魚と共に、あなたたちの前に恐れおののき、あなたたちの手にゆだねられる。」です。

 創世記1章28−29節を思い出す御言葉です。天地創造の最初、神様が人間を創造した際に、この祝福を与えたのです。しかるに、人間は神様の期待に背き、神様ご自身、人間を創造したことをいたく後悔し、洪水を起こされたのです。洪水の後、このようにノアとその家族に対し、天地創造の際と同じ祝福のご命令を出されたということは、ここに「新しい創造」が始まったことを意味しています。

 ◇神様には不釣り合いとも思える「後悔」が、先にありました。そして「洪水を起こす」決断をなさいました。そして、洪水が起き、ノアとその家族、選ばれた動物ひとつがいずつだけが生存をゆるされたのです。ここには神様による生き物の淘汰が起きています。けれども、神様の本意はやはり「産めよ、増えよ、地に満ちよ」なのです。この神様のなさりように、私たちはアレレと思ってしまいます。生存をゆるすぐらいなら、最初から淘汰しなくとも・・・という気分にすらなります。けれども、神様は洪水を決行しましたし、またその氾濫の後から新たな命を育もうとなさるのです。それが神様の愛し方なのかも知れません。私たち人間の理解を超えております。そして神様はどこまでも人間を祝福し用いようとされるのです。

 ◇さて、第三には「人間どうしの血については、人間から人間の命を賠償として要求する」というのです。これは十戒の「殺すなかれ」に通じています。命を償うのは命でしかない、ということは「生命の尊厳」を意味します。洪水を起こして滅ぼし尽くした神様が、何を今さら「生命の尊厳」か、と人間の立場では思いやすい。しかし、すべては神様の御心だったのです。

 昨今の少年による殺人事件が取りざたされたときに、「なぜ人を殺してはいけないの?」というティーンエイジャーたちの問いに、大人たちがグッとつまって答えられなかったと聞きます。それは、多くの方々が神様ぬきの世界に生きているから、きちっとした答が出せなかったように思えます。「生命の尊厳」は神様ぬきには語れないし、説得力がありません。創造主である神様が「殺してはならない」とおっしゃった、その一事が大切なのです。

 余談になりますが、私たちは食事の始めに「いただきます」と言います。それは他の動植物の「いのちをいただく」ことを意味します。私たちは他の生き物のいのちに支えられているのです。

 ◇そして今、新しい創造を決意された神様は、約束の虹をおきます。「わたしは雲の中に虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。わたしが地の上に雲を湧き起こらせ、雲の中に虹が現れると、わたしは、わたしとあなたたちならびにすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた契約に心を留める。水が洪水となって、肉なるものをすべて滅ぼすことは決してない。雲の中に虹が現れると、わたしはそれを見て、神と地上のすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた永遠の契約に心を留める。」

 虹はその形から武器である弓を想像します。しかし、その弓を神様は二度と再び引くことはない、というのです。神様はこの契約に心を留められます。

 明らかに神様の側に、「なにか」が起こっています。そして神様は人間とのかかわり合いにおいて、新しい歴史の1ページを開いたのです。神様の深く大きな広い愛。私たちはこの愛に包まれ、抱き上げられて進みゆく者なのですね。だからこそ、私たちはこの「出会い」を大切にしたいと思うのです。ところが私たちはあまりにも、神様がなさろうとしていることに鈍感であったり、無知であったり、時にはないがしろにするような行為に出てみたり・・・ もったいないじゃぁありませんか。二宮なんかいつでも「かたじけない」と口癖のように感謝しております。まぁ、それはそれとして、神様の方向にアンテナを張っている必要あり、と感じています。

 ところが私たちは、うっかりすると困難に出会いますと「神さまなんているもんか」という乱暴なつぶやきをしてしまいやすいほどに弱いのです。土砂降りが永遠に続くかのように、そして自分は神の裁きにあい、それに耐えられないと嘆くのです。しかし、試練を与えつつ、箱舟に乗せ、その試練の時を耐えさせようとしてくださるのも神様なのです。神様の深い大きな愛の御手は、あなたを守り支えてくださっているのです。それに気づいてほしい!

 土砂降りの後に必ず虹は現れるのです。ノアに現れたのと同じように。

次へ  創世記のおはなしトップへ  前のページへ  ホームへ  目次へ