REPORTMISSING PARTS the TANTEI stories
Dreamcast
2002年1月17日発売発売:FOG  開発:オーツー / システムプリズマ  

  サウンドノベル系ADVであるPS『久遠の絆』で名を上げ、 なかなか気合の入った移植作だったらしいDC『久遠の絆 再臨詔』でさらにユーザーの信頼を得たというフォグが、こんな時期にDCで、 しかも全6話構想の第1話と第2話で構成された、恋愛要素の(多分)無い探偵推理系ADVを企画し、発売してしまった。 それがこの『ミッシングパーツ』だ。


  探偵推理系といっても、プレイヤーにトリックを考えさせてそれがゲームの結果を左右するという要素は(ほぼ)ないし、 話が大きく分岐することもなく1本道のストーリーを辿るだけと、形としては「神宮寺三郎」シリーズなんかに近い作りになっている。 ゲーム的に際立った新しさがあるわけじゃなく、オーソドックスというか、レトロな形式のADVと言えるだろう。
  ただ、基本コマンドは「移動」だけだし、相手に何か聞かなくちゃならない場面で「話す」「聞く」などが出たり、 何か調べなくちゃいけない場面で「調べる」が出たりするだけという非常にシンプルな作りは、ある意味、新しいとも感じた。
  前述の通り、全6話で完結する予定になっていて、今作はその第1話「鳴らないオルゴール」と第2話「赤いカメオ」からなる。

  主人公は、舞台となる遠羽市に来てからまだ日の浅い新米探偵「真神恭介」。 彼が勤める「鳴海探偵事務所」は、失踪した父に代わってその娘「鳴海京香」が所長代理を務め、探偵は真神ひとりだけという零細探偵事務所。 浮気調査などの地味な探偵事業をする日々だったが、ひょんなことから殺人事件に巻き込まれ・・・というのが導入。 第1話の冒頭に、やはりひょんなことから真神はアンティーク屋でバイトをするハメに陥るんだけど、 この“アンティーク”というのが、おそらくゲームを通してひとつのポイントになっている模様。 今作でも、第1話ではオルゴール、第2話ではカメオが、事件のキーを握ることになる。
  ストーリーのタイプとしては、推理系漫画のようなひとつのトリックがあってそれが事件を解決するような形ではなく、 幾重にも重なった人間関係や状況が、その事件を形作るという色が強い。
  そのドラマは秀逸。 ちょっとしたすれ違い、勘違いが悲劇を生んでしまったという事件の構造も良くできてるし、 事実が明らかになるにつれ事件の様相は二転三転していくという脚本的な部分も良くできてると思う。 プレイヤーが全てを推理できるような作りにはなってないだろうけど、部分部分でその先を推測する楽しみがないわけじゃない。 そういえば、第2話の導入には(その話を終えてみて)感心させられたな。 映画やTVなどでは難しい、小説的な演出だし、ある意味、ゲームというメディアの強みを感じる部分でもある。 逆に、第2話のオチには「えー!?」っていうポイントが2つほどあったけども。
  そんなドラマを際立たせるのが、魅力的な登場人物達だろう。 お人好しな真神、お人好しで抜けたトコがある京香、なぜか京香と犬猿の仲にあるアンティーク店の女主人「成美」、 成美の骨董に関する師匠である好々爺「柏木」、その柏木の家に居候していて真神のいい友達になる「哲平」、 京香の父と交流があったらしい食えないところがある刑事「氷室」、その部下でなぜか探偵を嫌う若手刑事「森川」、超天然女子高生「奈々子」などなどの、 いわゆるレギュラーメンバーが、男性陣、女性陣共にまず魅力的で、彼らの掛け合いが非常に楽しい。 「コイツ、おいしいキャラだよな〜」って、それぞれ対して思ってしまう場面があったし、ニヤリともアハハとも、かなり笑わせてもらった。 各話の事件に関わってくる人たちの描写も、同様にグッド。 ゲームのように主人公の主観だけで進行していってしまう形だと、どうしても犯人側の描写が甘くなりがちなんだけど、そこらへんにも抜かりなし。 ただ、全体的に“いい人”が多すぎるような気もするので、もうちょっと厳しさや毒っ気のあるキャラクターが欲しいかな (パッと見、そういうの担当かと思われた成美も、案外そういうキャラじゃないし)。
  ちなみに、キャラクターデザインは『久遠』と同じ人。 案外三枚目な主人公真神がやや耽美めな二枚目ってのは、最初のうちはどうかと思ったが、そのギャップがいいのかも、という気がしてきた。 揃いも揃って美人すぎな女性陣も、その描かれ方に押し付けがましいところがないので、そこまでは気にならず。

  で、さらに、それらを演出するテキスト、グラフィックが共に効果的に使われている。
  特にテキストは地味ながらも質が高いと思う。 コマンドの関係上、話と関係のないところを調べさせて、 ムダなテキストを読ませるような仕掛けがないのは嬉しいところで、描写にはクドクドしたところはない。 かといって、淡白であるとか無機質になることもなく、まさに“過不足なし”という印象。 従来のテキスト系ADVとサウンドノベルタイプADVのイイトコ取りという感じ。 漢字の使われ方にしても疑問に感じるようなところはほぼ無かったし、一部の漢字にはルビが振られているという仕様も高く評価したい(これを使ったネタにもウケた)。 一部では「音声が欲しいぞ!」という意見もあるようだけど、全体的にアニメっぽさが弱いこともあって、そこまで必要とは思えず。 まぁ「音声無しの方が絶対イイ!」とまでは言わないけど、自分にとっては無くても減点要素にはならないな。 その代わりと言っちゃなんだが、フォントの大きさに変化をもたせるとか、テキスト表示のテンポに変化を持たせる等の工夫の余地はありそう (前者は極々一部で使われてはいたんだけど)。
  グラフィックも、単にバストアップのキャラグラフィックと一枚絵で進行するのではなく、 バストアップのキャラにしても、拡大、縮小を上手に使ってたり、ボヤケさせたりしてるし、 一枚絵的なところも、スクロールに差をつけるなどして、実際の動き的にも、構図的にも動きがあるように工夫されている。 自分としては、このテのADVをやるといつも不満に感じてた部分だったので、非常に好感が持てた。 ただ、そのバストアップキャラの表情・構えは若干バリエーション不足という印象。 もっとも、登場人物の服装が全く変わらないことに違和感を感じたのは、それだけ他の部分がよくできてたからだと思うし、こればっかりはしょうがないか。 というように、ドラマ部分は申し分無いんだけど、謎解きや事件解説に関する部分ではもうちょっと絵的に工夫ができたはず。 図解であるとかマップであるとか、そういう絵的なフォローがもっとほしかったところではある。

  音楽は無難なところか。 印象に残るようなところはなかったんだけど、場面場面では無難に使われていたと思う。SEの使い方も同様に無難な感じ。
  ゲーム中では、ネット関係の仕掛けがアクセントになっていて、 特に、真神が毎晩チェックするEメールでのやり取りはナイスだった。 初期に数種類用意されている中からひとつ選ぶことになるニュースマガジンの購読も、規模は小さいけど楽しい仕掛けだ。 また、何かあったときにネットを使って調べたりというシーンもあるんだけど、欲を言えば、こういうシーンでは実際にブラウザを扱ってるように操作する形にしてほしかったな。
  一応、「探偵度評価システム」なるものがあり、各話終了時にA、B、Cなどとランク付けされる。 ただ、イマイチその基準が分からない上に、ランクによってどうこうっていう要素はないらしく、ランクも形に残らないので、ホンのオマケってとこか。
  クリアまでのプレイ時間は2話合計で約15時間ほど。 2話に分かれてるだけに、やや小粒な感じを受ける人もいるようだけど、アドベンチャーゲームという作りから考えれば、十分なセンでしょ。
  細かいところでは、話の中では季節が初夏ってとこに、さすがに若干違和感を感じてしまった。 ・・・完結するときに丁度実際の季節とマッチングさせようという試みだったりして(って、さすがに深読みしすぎか)。 また、オープニングムービー全体は悪くないのに、 一番最初の、ドラムの音とシンクロして、シルエットの後ろから次々と原色のスポットライトがあたるという部分が突出してダサい。 最初の最初だけに、印象的に足を引っ張ってると思うなぁ。


  確かにいわゆるゲーム性という部分は弱いし、全体的な作りはオーソドックスなんだけど、 テキスト、グラフィック、共にひと工夫されていて、その上、キャラは魅力的でストーリーが面白いと、期待以上に楽しめた一本だった。 ゲーム的な仕掛けを期待する人以外には、十分にオススメできる内容だと思う。
  公式ページには、「一方で連作による大きな謎にも臨みます(今回の第1話、第2話を含む全6話を予定)。」 とあって、あるいは真神の両親の死の謎に関わる話や京香の父の失踪に関わる話まで踏み込んでいくのかもしれず、期待が持てる。 続編が発売されれば自分は間違いなく購入するし、応援したい企画なので、是非、完結するまで頑張って欲しい。

2002年1月24日記載