REPORTSSX TRICKY
GAME CUBE
2001年12月27日発売発売:EA  

  一昨年PS2で発売され、爽快感重視の新しいスノボゲーとして好評を博した 『X-treme Racing SSX』の続編。 というか、海外では先にPS2版が発売されており、その移植ということになっているらしい。


  ゲームの概要は変わらず。 CPUキャラクターとの順位争いレースという「Race」と、ゴールするまでにどれだけトリックで点数を稼げるかという「Show Off」をこなしていきながら、 キャラクターを成長させ、ボードを得たりしていき、ゲームが進行していくにつれ、コースやキャラクターが出現していくというもの。 コースも完全に新規のコースは2つだけで、残りは前作にあったコースを改良&拡張したもので、 確かにオブジェクトの数なんかは増えているんだけど、絵の質的に特に向上した部分は見受けられない。
  キャラクターは前作の8人から「Hiro」と「Jurgen」の二人が消え、その代わり、デブキャラ「Luther」、スキンヘッドの黒人女「Seeiah」、 セクシーキャラ「Marisol」、アフロな白人「Eddie」、男前サーファー「Brodi」、サイコ野郎「Psymon」の6人が追加され総勢12人。 若干ながら造形と質感がリアルになって、前作からのキャラクターもかなり雰囲気が変わった。

  目立った追加要素は、「スーパートリック」関係くらいのもの。 トリックを行うことで溜まっていく「アドレナリンメーター」が満タンになると一定時間「トリックシグナル」が点灯し、 この間に特定のボタンでトリックを出すとスーパートリックという隙が膨大だけど高得点なトリックを行う。 なんせ、足からボードを外して振り回すようなものが結構あるくらいで、このより破天荒なトリックは笑えるし、楽しい。 で、このスーパートリックを行うごとに「trickyサイン」がこれは、t、r、i、c、k、yと1つずつ溜まっていき、 これが全て溜まると「スーパーブースト」状態になり、アドレナリンメーターが満タンの状態に固定され、アドレナリンブーストが使い放題になる。
  前作でアナログ操作とデジタル操作がどっちつかずになっていてた操作が、 ちゃんと役割分担して、完全にデジタルとアナログの併用という形に落ち着いたことが、操作面での一応の改善点。 しゃがみ中に行うフリップ&スピンの溜めの操作は十字キーのみで行えるようになり(一応、Xボタンを押しながらアナログスティックでも可なんだけど、実用的じゃない)、 しゃがみ中でもアナログスティックによって左右の操作ができるようになった。 確かにしゃがみ中に移動できるようになったのは大きいんだけど、コントローラーの形を考えれば、相当ムリがある操作なわけで、 どうせなら右のアナログレバーを使うような操作に一新して欲しかったところ。
  ゲームプレイ中のポーズメニューの中でトリックメニューが見れるようになったのと、 Raceモードの決勝でリトライすると決勝からやり直すできるようになった(前作では確か予選に戻されたはず)のは、地味ながらもかなり嬉しい改善点。

  ゲーム的に気になったのは、Show Offで全体的にグラインドの比率が上がってしまったこと。 特にこれは中盤〜終盤のコースで顕著で、レール上の足場が非常に増え、高得点を狙うにはそこに乗らざるを得ない状況になっている。 その割にグラインドのできる場所に乗る判定のキビしさは相変わらずで、 狙って途中から飛び乗るなんてのはほぼムリだし、グラインドできる場所の入り口から入るときの判定ですらキビしい。 せっかくのスノボゲーなんだから、このグラインドはもっと脇役的な扱いで良かったと思うし、 だったらだったで、せめてちょっとは空中で移動できるような仕様にすべきだったんじゃないだろうか(現状では一度跳んだら、姿勢制御だけしかできない)。
  このグラインドの鬱陶しさによって、Show Offの終盤のコースは何度もプレイする気にはなれず。 Raceは相変わらず予選、準決勝、決勝と3回滑る必要があってダラダラしたところがあるし、ライバルも鬱陶しく、 無神経に後ろから追突されまくるとさすがに萎えると、メインでプレイして楽しいわけじゃないんで、Show Offがこうなっちゃったってのはかなりイタかった。
  スーパートリックの存在によって必要以上にハイリスク・ハイリターンになってしまったように感じられたのも、個人的にはマイナス。 スーパーブーストのシステムも極端すぎると思うなぁ。

  GCということで期待していたフレームレートの安定は果たされずで、 相変わらずフレームレートが落ちる場面が非常に多い。 というか、海外での評判を聞く限り、かなりベタ移植な模様で、GCコントローラーとの相性の悪さ (デジタル&アナログ併用の操作系もそうだし、加速するために上を押しっぱなしにする必要があるのも、アナログレバーの外周が角張ってるGCには合わない)も感じるので、 PS2を所持してる人はPS2版が出るのを待った方がいいんじゃないかな。
  ローディング時間は、GCの他のゲームに比べたら長いけど、 さすがにPS2『SSX』よりはかなり短い印象。 ローディング待ち画面に動きがあることも、そのストレスを軽減してるのかもしれない。


  単品で見ればソコソコ良作なんだろうけど、続編としても、“GCなりの”という点に関しても、残念ながら期待ハズレだった。 ゲーム的にはシンプルな前作の方が好みな一方で、今作の溜め中にも左右に動けるという点もかなり大きいので、まぁドッコイドッコイといったところか。

2002年1月10日記載