REPORTブリンクス・ザ・タイムスイーパー
Xbox
2002年12月12日発売発売:マイクロソフト  開発:アートゥーン  

  XboxのHDDを生かした時間操作をウリにした、この冬、MSイチオシのアクションゲーム。
  開発は、今のところ実績らしい実績を残せていない、というより、負の実績を積み重ねつづけているアートゥーンで、 ディレクターはナイツやソニックのキャラデザインをした大島直人氏。


  主人公「ブリンクス」の攻撃手段は、持ってる掃除機でオブジェを吸い込み、それを敵に向かって放出するというもの。 で、制限時間10分以内にステージにいる敵を全て倒してゴールに辿り着くと、ステージクリアとなる。 3つの通常ステージ+ボスステージからなるエリアが8つとラスボスステージの計33ステージで、 オープニングとエンディングを除くとデモシーンは無く、大まかな目的以外のストーリー性は皆無といってよい。
  ステージ内では常にプレイ状況をHDDに記憶しているらしく、 巻き戻し、録画といった時間操作以外にも、ダメージを受けたときはダメージを受ける前の状態に巻き戻されたり、 ステージクリア時にはこのテのゲームとしては珍しくリプレイが表示されたり。 時間操作も含めて、ここらへんには確かに感覚的な新鮮さはある。
  ウリである時間操作アクションは、「巻き戻し」「早送り」「一時停止」「録画」「スロー」の5種。 そのそれぞれに対応した「タイムクリスタル」というアイテムをキープできるスロットが4つ分あって、 3つ同じ色で揃えると1回分、4つ全て同じ色で揃えると2回分の時間操作アクションをゲットすることができる (同じ色が2つしか揃えられなかったり、全ての色がバラバラだったりするとスカということに)。 このタイムクリスタルは、ステージ内に配置してあるものもあるけど、敵を倒した時に(おそらくランダムに)出現するのが大きな割合を占める。 よって、いつでも好きな時間操作アクションが行えるというわけではない。 その代わりというか、ステージ間で時間操作アクションの回数は継承されるので、 十分な時間操作をゲットするために、クリア済みのステージをまたプレイする必要がでてきてしまう。
  さらに、ステージクリアで必須になってくることはないものの、お金を稼ぐ為にも同じステージを繰り返しプレイしなければならない。
  ステージ内にはお金が散らばっているし、ステージクリア時に掃除機内にあるオブジェの内容によってお金も貰え、 各ステージにあるショップで、キープできる時間操作数を増やすアイテム、リトライ数(要するに体力)の上限を増やすアイテム、 減ったリトライを回復させるアイテム(時間操作同様、リトライ数もステージ間で継承される)に加え、 いろんな掃除機(3段階のレベルでそれに応じて大きなオブジェが吸い込めるようになったり、水や火などを吸い込める特殊な機種もある)や、服が買えたりする。 仕様的に謎だったのが、掃除機と服は常に買い換える必要があるという点。 1ステージクリアして1000Gも手に入るのは極めて稀なくらいなのに、特に服は異常に高いわ(大抵5000G以上で一番高いのは30000G)、 購入時にオートセーブされてしまうわで、買い換える気が全く起きなかった。 おとなしく、買ったものをストックでき、ステージ開始前に装備を変えられるような形にしてほしかった。 『ラチェット&クランク』もそうだったんだけど、金稼ぎでプレイ時間を稼ぐようなセコイことはせんでほしいんだけどなぁ・・・。
  で、肝心の時間操作の活用法なんだけど、少なくともステージをクリアする分には、 緊急回避的な一時停止と、無敵の分身で攻撃できる(しかも実際の弾数は減らない)録画が重要なだけで、 後はステージのギミックによってピンポイントに使わせるだけのものがほとんど。 とにかく、一時停止で無効化できるギミックが多すぎで、スローは一時停止に食われ気味だし、想像していた通り、早送りの出番は極めて少なかった。
  やはり自由なタイミングで望む時間操作を行えないというゲームシステムの根本に、かなり問題があると思う。 時間操作に使うゲージは共通のものにして、好きなときに好きな時間操作を行える、その代わり時間操作ごとにゲージ消費量が違う、 そしてゲージは時間経過やアイテムで回復させる、そんな形でゲームをまとめていった方が、より時間操作を活用できたんじゃないだろうか。 タイムクリスタルを得るためだけに過去のステージをプレイし直す必要もなくなるだろうし。

  ただ、そんな時間操作関連以上に気になったのが、それ以外のアクション部分に関して。
  まず、最も基本となる掃除機アクションの操作感に問題アリ。 何より、ある程度勝手に敵を狙ってしまうのが頂けない。 もちろん、1vs1のときはアバウトに狙える分ラクではあるんだけど、実際はそういう場面ばかりではないわけで、 相当とんでもない方向にいきなり放出なんてこともしばしば。 よって、敵に向かって爆弾を放出しようとしたのに、あらぬ方向に飛び出て、その爆風でダメージを受けたり。 放出するオブジェが、意外に引っかかりがちなのも困りもので、 地形、置いてあるオブジェ、ダメージを受けて転倒してる敵などにオブジェが引っかかってしまい、目標の敵に届いてくれないことが結構多い。 もうちょっと自由で融通が利く操作感であれば、もっとゲームが膨らんだに違いないのに。
  さらに、このテのアクションゲームの常とはいえ、このゲームの視点の問題は特に大きい。 基本的なカメラ操作は右スティックで行い(左右はLRトリガーで代用可)、右スティッククリックでカメラリセット、ワンテンポ待てばブリンクス視点になる。 通常時、若干カメラ位置が高めで見下ろす感じなのは悪くない。 上下の操作感はちょっと変わってて、カメラ自体が上下に動くゲームが多い中、 このゲームはカメラの位置自体は固定気味でそこからカメラの向きが上下に動くといった感じで、ややクセがある。 どうやら、発想としては左右回転のみの視点操作が最初にあって、そこにオマケで上下の操作を付け加えたようで、 これがオープンスペースばかりであれば、そう悪くはなかったんだろうけど、このゲームは割と狭く込み入った場所が多く、その相性はかなり悪いように思う。 込み入った場所が多いからか、勝手に視点を調整しようとする動きも強めで、これが逆にイマイチな操作感に繋がってる感じも。 細かいところでは、通常操作時には右スティック上で見下ろす、下で見上げる感じになるのに、主観視点時にはそれが逆になっちゃうのもかなり理解に苦しむ。 いかに使う機会が少ないとはいえ、ここらへんは最低限、キーコンフィグでリバースできるようにしてしかるべきだろう。
  そして、地味なポイントながら、相当意味不明な上にかなり腹立たしかったのが、 ブリンクスの横や後ろにスティックを入れると同時にジャンプすると、それぞれ側転ジャンプ、バック転ジャンプになるという仕様。 このジャンプの時は、攻撃もできなけりゃ、二段ジャンプもできない。 特に痛いのが二段ジャンプで、“二段ジャンプをアテにして横にジャンプして避けようとしたのに、 側転ジャンプになってしまって、そのまま落ちて死んでしまった”なんてことが結構起こる。 ほぼ唯一といっていいブリンクスの特殊アクションなだけに、この操作に問題があるというのはかなり頂けない。 っていうか、あえてそうした理由が全くわからん。
  ラスボス戦は、せっかく相手が時間操作を使ってくるというのは面白く、 それなりに内容も考えられていたのに、結局は、中途半端なオートターゲッティング、視点のダメさ、 意味不明の横&後ろジャンプっていうこのゲームの難点ばかりが目立ってしまい、イライラが募るばかりだった。 敵が無敵状態の時は白く点滅して表示されるってのは分かり易くて良かったのに、それがラスボス戦で反故にされてしまったのも気になったし。

  もちろん、ゲームとして悪くないところもある。 特に中盤以降、時間切れになったり、必要な時間操作が行えない状況に陥ったり、 オブジェを使いきってしまって弾切れのような状況に陥ったりで、ステージを最初からリトライせざるを得ない状況が非常に増える。 ステージを繰り返しプレイしてナンボというその内容は、マッタリなのが多い同系ゲームの中では、結構異色かもしれない。 制限時間があるとどうしても息苦しいような印象を受けがちだけど、 このゲームの場合はそれが上手く作用してて、昔のアーケードゲームに通ずるような締まりの良さを生んでいると思う。
  雑誌レビュー等でちょいちょい言われていたブリンクスの足の遅さも、最初の数ステージこそ気になってたものの、結局はほとんど気にならず。 ステージの大きさ、タイムアタック的なゲーム性を考えれば、分相応に思える。
  また、各ステージには「ヒミツのメダル」という隠しアイテムが3、4つあって、 これを集めていくと、敵キャラが組み体操してるという妙なショートムービーやイラストを得られるという仕掛けになってる。 特に中盤以降は制限時間がキビしめなので、その中でヒミツのメダルをゲットしてクリアするというのは、結構チャレンジングだし、これ自体は悪くない。 ただ、専用の掃除機を使わないと隠しルートに行けなかったりするので、これが前述のお金&装備品の問題と相まって、かなり頂けないことになってる。 そして、妙な映像特典なんかじゃなく、 どうせならコスチューム(さらに掃除機のカラーリングとか)をゲットしていってくれた方が、よっぽどプレイの張りになったろう。

  グラフィックと音楽は、まぁ無難なところ。
  幻想的な雰囲気は上々で、丁寧に描き込まれているのは確か。 ただ、前述の通り基本的に見下ろす視点なために、ステージを見渡すような場面が少なく、 (元々ステージの大きさ自体もそう大きくはないんだけども)若干ダイナミックさに欠ける感じも。 その良し悪しはどうあれ、そのグラフィックが最大限に生かされてるのはリプレイだろう。 結構カメラワークも凝ってるし、アップになる場面が多いので、質感の良さや光源処理の良さがよくわかる。
  このリプレイを見てると、ブリンクスには地味な可愛さが感じられる。細かい仕草は意外と凝ってるし、非常に質感も良い。 でも、それがゲーム中にはあんまり伝わってこないんだよなぁ・・・。 オープニングとエンディングにしかデモシーンがないんで、キャラを見せる機会が少なかったってのもあるんだろうけど、 だからこそ、ブリンクスにはもっと声を張らせてアピールしてほしかったし、キャラクターを見せる見せ場があっても良かったと思う。 表情を含めたそのデザイン自体は秀逸なんだから。


  確かに、時間操作に感覚的な新鮮さはあったし、良い意味でこじんまりとまとまっていて、 大きすぎないステージを繰り返してプレイするというそのゲーム形式には、これまでの3Dアクションゲームでは失われがちだった締まりの良さがある。 それでも、肝心の時間操作はゲーム的に消化不足の感は否めないし、それ以外でも、ショップを絡めた大枠のゲームシステム、 掃除機アクションの使いづらさ、視点の劣悪さなどなど、アクションゲームとして、かなりお話にならないデキだと思う。 アイデアが新鮮で面白いというより、その新しいアイデアをムダに浪費されたという失望感の方が遥かに大きかった。
2002年12月22日記載