REPORTスパイダーマン ミステリオの脅威
GAME BOY
ADVANCE
2002年4月26日発売発売:サクセス  開発:Vicarious Visions  

  海外で発売されていた『Spider-Man: Mysterio's Menace』の国内版。 GBで何本か作られていた携帯用ゲーム機版『スパイダーマン』の流れをくんでいるらしいサイドビューアクションゲームで、 開発はそれらGBの「スパイダーマン」ゲーム同様、 国内でも発売されたGBA『SK8 Tony Hawk's PRO SKATER 2』なんかも作ったVicarious Visionsが担当している。


  結構評判が良かったんで、期待してたんだけども・・・。

  攻撃手段は基本的に格闘で、 Aボタンを連打することでコンボになったり、上を押しながらAでアッパーになったり、 ジャンプ中に下を押しながらAで「ダイブキック」という急降下キックになったりと、それなりにバリエーション豊か。
  んで、「ウェブカートリッジ」を消費することで、 「ウェブスイング」(ジャンプ中にB)でプラ〜ンって感じのスイングアクションをしたり、 「キャプチャーウェブ」(Rボタン)で一時的に敵の動きを止めたり、「インパクトウェブ」(Lボタン)で離れた敵に攻撃したりと。
  さらに、壁に張り付くことができるというのも大きな特徴。 曲がり角もなんのそので、ずっと壁伝いに進んで行けるし、壁に張り付いている最中もパンチが出せたり、ウェブを放出できたりと、 自由度が高いのは嬉しいんだけど、張り付ける部分が(というより、張りつけない部分が)わかり難いのがちょっと気になった。 また、この要素のためか、“しゃがむ=床に張り付く”となっており、レバーを下に入れてる間しゃがんでいるという操作ではなく、 レバーを1回下に入れるとしゃがみ、しゃがんでいるときにレバーを上に入れると立つという形になっている。 これだと咄嗟の時にスムースに動いてくれないんで、個人的には(メガドライブの『スパイダーマン』みたいに)“壁に張り付く”ボタンがほしかったところ。
  とはいえ、それを除いた操作感はなかなかレスポンスが良く、操作してて気持ちイイのが救いではある。
  グラフィックはプリレンダCGな模様。 背景等の描き込み具合も上々な上に、キャラの動き自体も滑らかなんだけど、独特の躍動感の無さ&当たり判定の大味さが。
  そのせいもあってか、戦闘は、こういうコンボ要素を取り入れた数々の洋ゲー同様、実に大味。 一回ダウンさせれば、相手の起き上がってきたとこにコンボを繰り出せばハメ殺しになるわけで、 コンボ攻撃1回では殺せない敵が多いし、ダウン中にはダメージを与えられないわで、つまらん時間稼ぎとしか思えんことが多い。 かといって、複数の敵との立ち回りが楽しくなるような要素も、ほとんどなく、2人以上の敵が相手だと一気にツラくなる傾向が。
  確かに、ステージをウェブスイングを使って飛び回ってるときはそれなりに楽しく、他のアクションゲームにはない感覚ではある。 でも、ウェブスイングを使ってグイングインと動き回るにしては、見える範囲が狭く、実際にジャンプして試してナンボな感じが強すぎる感じが。
  走ってるときも、(見える範囲の割に)意外と走るスピードが速いので、敵に気付いたときは既に攻撃を受けてたなんてことが非常に多い。 戦闘自体は単純なのに、意外に難易度が高く感じられる原因だろう。
  壁に張り付いての探索も楽しいのに、やっぱり見える範囲が狭く感じられてしまうんだよなぁ。 天井に張り付いたら地面の様子がわからんとか。
  こういう題材であれば、戦闘のヘンなコンボ色をなくし、もうちょっとキャラを小さくして、 ジャンプ(&ウェブスイング)アクション重視の内容にしたほうが良かったと思うな。
  各ステージとも、それなりに工夫はされているんだけど、パズル的なものを要求する場面はなく、かといってアクションもハードに成りきれず、 結局は、割と単純にゴールを目指すだけだったり、シラミ潰し気味にステージ内を探索するだけだったり。
  また、3段階の難易度が用意されてるとはいえ、全7ステージというのは物足りない。 一応、各ステージに隠しアイテムが用意されていて、それをゲットしないとゲームの達成率が満たされないという形にはなっているものの、 “見えるんだけど取り方がわからない”とか、“取るのにシビアなアクションが要求される”とか以前に、どこにあるのか見当もつかない状態な上に、 その効力も、アクションが増えるとかじゃなく、ウェブカートリッジの数が増えるとか、ダメージ耐性が高くなるとかなんで、 自分はあまり探す気にはなれず(ゲームをクリアしたときにゲットしてたのは10個中2つだけだった)。
  ストーリーはあってないようなもんだけど、イベントシーンの一枚絵のグラフィックは原作の雰囲気が出てるし、最後のオチもなかなか決まってたので良しとしよう。


  基本的な操作感やアクションのアイデアは悪くなかったんだけど、どうにも大味で、簡単ではないのに、淡白に感じられた。 結構楽しみにしてただけに、かなりの期待ハズレ。

2003年2月17日記載