REPORTトマトアドベンチャー
GAME BOY ADVANCE
2002年1月25日発売発売:任天堂  開発:アルファドリーム  

  最近の任天堂の中では珍しい、意味不明なイメージTVCM (「トマトマトマ〜ト ケチャプップ〜♪」という歌と共に、オムライスの上にケチャップをかける絵が流れるというもの)が、 ある意味、印象に残ってるGBAオリジナルのRPG。
  スクリーンショットもパッとせず、全く気に留めてなかったんだけど、 意外に良いという話は発売当時から結構耳にしており、プレイしてみることにした。


  ゲームの舞台は、コドモによるコドモのための国「ケチャプー王国」。 主人公「デミル」はある日突然ガールフレンドの「パサラン」を国王「アビーラ王」にさらわれてしまう。 デミルは彼女を救おうとするものの、アビーラ王が住む「ギミックパレス」の中に入るには、 アビーラ王の部下である6人の「スーパーキッズ」が1つずつ持っている6つの「トイパーツ」が必要とのこと。 そこでまず、スーパーキッズが治める6つの街を次々と回り、スーパーキッズを倒してトイパーツを集める旅に出るのだった・・・という話。
  いわゆるフィールドマップは無く、街から街へと移動できるワールドマップが用意されていて、 街へ行き、ダンジョン的なところを通り、最後にスーパーキッズを倒し、また次の街へ・・・というのが大まかな流れ。
  旅を進めると最終的に4人のパーティになるんだけど、戦闘に参加できるのは2人だけ(主人公+1人)で、 戦闘時の敵の数も最大3体と、全体的に小ぶりな形になっている。

  とにかく、このゲームの最大の特徴は「ギミック」を用いた戦闘関係のシステムだろう。
  このゲームでの武器はギミックと呼ばれ、それぞれ固有のミニゲームになっていて、その成功、失敗でダメージが変化するという形。 ギミックにはそのミニゲームの内容によって、「タイミング」「連打」「ドキドキ」「スピード」という4つの系統がある。 例えば、伸び縮みするバーを指定された範囲内でストップするという「はぐるまヨーヨー」はタイミング、 ボタンを連打してバーを右端まで伸ばすという「マグネハンド」は連打、一定時間表示されるコマンドを覚えてそれを入力するという「ピラメット」はドキドキ、 決められた回数分、画面に表示されるボタンを押すという「バナナスノボー」はスピードという具合。 このミニゲームは約3秒間の間に行い、イメージとしてはGBA『メイド・イン・ワリオ』のミニゲームなんかに近いかも。 それが、自分のクリア時には約40個にもなったギミックそれぞれに用意されてるわけで、結構なミニゲームの種類になる。
  ちなみに、上記のように戦闘に参加する人数が少ない上に、ザコ敵の体力は少なめに設定されているので、それによって戦闘が間延びしたりすることはない。
  各ギミックのミニゲームの難易度は7段階あって、 それを自分で設定することができ、難しくするほど、成功時に相手に与えるダメージが大きくなるという仕掛け。
  さらに、各仲間ごとに「すごいの」という必殺技が用意されており、攻撃を成功するごとに「すごいのメーター」が溜まっていき、 一定量以上溜まると1つ目の「すごいの」が、満タンに溜まると2つ目の「すごいの」が発動できる。 この時、ミニゲームの難易度が高ければ高いほどすごいのメーターの上昇率は高くなる代わりに、1度攻撃を失敗するとその時点ですごいのメーターはゼロになってしまう。
  全体を通すとかなりヌルい部類になるこのゲームなんだけど、 さすがに全てのギミックをLv7で常に成功できるような難易度ではない(最初からLv7で安定して使えるギミックは全体の半分もないんじゃないかな)し、 この「すごいの」は強力で、特にボス戦などでは重宝すると、ここのバランス感覚を自分で決めるところが面白みなわけだ。 100回やって100回成功するようなミニゲームばかりでもないし、 もちろん“まず大丈夫なはずのギミックを失敗し、せっかく溜まっていたすごいのメーターがゼロに・・・”なんてこともあったりする。 また、Lv7で攻撃を一度成功させると、そのギミックの「ギミックマスター」となってご褒美アイテムが貰えたり、 同系統のギミック全てでギミックマスターとなると、その系統の「マスター」となり、 4系統全てのマスターとなると「グランドマスター」となり、やはり何かご褒美が貰えるらしい。
  単に攻撃をミニゲームにしたというだけじゃなく、 それを含めたギミックのシステム全体がオリジナリティがあって面白いものになっているところを評価したい。

  最初にスクリーンショットがパッとしなかったと書いたけど、戦闘に関しては、むしろよく描けてる部類だと思う。 特に、各ギミックによる攻撃が絵的にバラエティ豊かなのと、凝った「すごいの」時の演出がグッドで、キャラの細かい表情が笑えたりする。 ギミックの攻撃失敗時にはちゃんとそれに相応しいグラフィックが用意されてたりと、かなり芸が細かい。
  惜しむらくは、「すごいの」が主人公を除いた各キャラに2つずつ(というか、主人公+仲間という組み合わせごとに2つずつ)、 つまりゲームを通して6つしかないという点。 凝った演出が実に良いので、もうちょっとバリエーションを増やしてほしかったな。

  各ダンジョンは、それぞれ何かしらインタラクティブな要素やパズル要素があって、どれも工夫されている。 敵はいわゆるシンボルエンカウントで、一度倒した敵はそのダンジョンから出ない限り復活しないという作りなこともあって、 ラストダンジョンを除けば概ねヌルいのが、残念といえば残念ではある。 ボス戦も、攻撃しちゃダメな場面が用意されてたりとそれぞれ工夫はされてるけど、やっぱり(極僅かでも)苦労するのはラスボスくらいなはず。 まぁ、他の部分が良かったので、終わってみれば“工夫されてるけどヌルい”というより、 “ヌルいけど工夫されていて楽しめる”っていう印象が残ったけども。

  パッケージの雰囲気や説明書の出だしからすると、「もしやシナリオなんかはちょっと子供向けすぎるんじゃ・・・」と心配になるだろうけど、 実は、このゲームの隠れた長所はそのシナリオだったりする。 話の大筋は極々単純で、話自体が面白いというわけではない。が、そのノリと各種イベントシーンの作りが秀逸。 FC、SFC時代の2DRPGにあった軽〜いテイストを実に上手く出していて、そのスカし具合が絶品だった。 よって、どこか懐かしい感じはあっても、意外に子供向けっぽい(というか、子供騙し的な)感じは受けなかったりするんだな。
  イベントシーンでは一枚絵などは用いず、ゲーム中のキャラの動きやテキスト、音だけで表現して、 ここらへんも古きよき時代のRPGを思わせるわけだけども、その辺の作りも非常に上手い。 ドット絵の細かい仕草、動きに加え、縦2倍文字、縦横2倍文字などの拡大文字を使ったテキストも上手い。 ツクール系でRPGを作ってる人なんかには、大いに参考になるんじゃないだろうか。


  クリア時間は15時間弱で、ギミックを集めて、ギミックマスターを目指せばもうちょっと遊べるにしても、RPGにしてはやや小ぶりなゲームであるのは確か。 その上、戦闘がミニゲームなのでダラダラと長く遊ぶには若干向かないところもあるんだけど、良く出来た小品ってのは間違いないだろう。 アルファドリームの次回作GBA『マリオ&ルイージRPG』にも、俄然興味が湧いてきた。

2003年9月1日記載