REVIEWASTRO BOY 鉄腕アトム
GAME BOY ADVANCE
2003年12月18日発売発売:セガ  開発:ヒットメーカートレジャー  

  久々にトレジャーらしい2Dアクションゲームっぽく、発売前から結構期待していたタイトルだったりする。 ディレクターはDC『セガガガ』で知られるゾルゲール哲こと岡野哲氏で、シナリオも彼が担当しているようだ。


  個人的には、もうちょっとオーソドックスなプレイ感を期待してたんだけど、予想以上に独特な内容に若干戸惑ってしまった。
  ゲーム形式としてはサイドビューで、十字キー左右で移動、Aでジャンプ、Bでパンチというのが基本操作。
  最初に、独特なジャンプの操作感に戸惑うはず。まず、基本的にジャンプが高すぎる。 なんせ、画面の一番下から一番上に到達してしまうほどに跳んでしまうのだ。 その上、ボタンを押している時間で跳んでいる時間を調節できないのがイタかった。
  一方で、地上で左右×2、あるいは空中でジャンプボタンを押すことで、一定時間無敵の「ジェット」となり、これがゲーム攻略のキモになってくる。 このために、あえてジャンプを不自由にしたのかもしれないけど、ジャンプの高さだけでも不自由さとしては十分だと思うので、 そこまで制限しないでも・・・という感じは最後まで拭えず。
  攻撃は、Bボタンによるパンチを基本に、敵をまとめて吹っ飛ばす↓+Bでの「ふっとばしキック」、 隙は大きいけど、直線上の敵全てにダメージを与える「フィンガービーム」。 それらの攻撃によって溜めた「EXゲージ」を消費して、 A+Bでの「EXダッシュ」、Lでの「マシンガン」、Rでの「アームキャノン」といった「EX攻撃」を行う。 要するに、対戦格闘ゲームのゲージと超必殺技の関係を想像すると分かりやすいけど、 ゲージの溜まるスピードはかなり速いので、「ゲージが余るくらいならとりあえずアームキャノンで攻撃しとけ!」そんなノリ。
  で、実はこのゲーム、ジャンプアクションゲーム的な展開ではなく、 ちょっと進んでは敵がワラワラと出てきてその敵を全員倒すとまた先に進めるようになり・・・という、 『ファイナルファイト』のような流れとなっている。
  となると、単調になりそうなもんなんだけど、デザインはそのままに拡大表示された大型の敵や、逆に小さい敵が現れたり、 ボス戦はバラエティ豊かで攻略性が高かったりと、上手くメリハリが付けられているのはさすがトレジャーといったところか。 攻撃にちゃんと爽快感があって、プレイしてて楽しいのも良い。

  そして、このゲームには「アトムハート」という成長要素がある。 これは、アトムが他の手塚キャラと会い、その心を理解することによってアトム自身の心を成長させていくという設定で、 そういうイベントがある毎に、体力、レーザーの威力、パンチの威力などを自由に成長させていくことになる。
  その手塚キャラとの出会い方は、単純にストーリー進行に従って出会ったり、背景のオブジェを破壊することで出現したり、 それでも、他のキャラクターに会うというフラグを立てないとイベントが進まないキャラがいたり。 で、これが物語の進行、ゲームの進行にも大きく関わってくる。 というのも、2周目をクリアした時点で、自由にステージを選べるようになり、そこでキャラクターのヒントを頼りに、ステージを行き来し、 隠れた手塚キャラを探し出し、さらに物語を進めていくことになるという作りになっているからだ。
  そのストーリーは、基本的な世界観はタイトルの通り「鉄腕アトム」を踏襲してるけど、 その実態は、人気手塚キャラが総出演する「スーパーロボット大戦」的なシナリオだったりする。 人間とロボットの関係を問うといういかにもアトム的なストーリーを軸に、 2周して始めて真のエンディングに辿りつくその作りは、手塚キャラが非常に上手く生かされていて、実に良かったと思う。 こんなゲームであるにも関わらず(ってのもやや失礼だが)、結構感動してしまうんだな、これが。
  ゲーム中に遭遇した手塚キャラが補完されていく「キャラクター図鑑」は、そのキャラのこのゲーム中での位置付けなどに触れた軽いもの。 それがクリア後に「究極キャラクター図鑑」となり、マンガなどでの使われ方に話が及ぶ、ウンチク満載なものになるのも良かった。
  ゲーム開始時に選択する難易度が「やさしい」と「むずかしい」の二段階というのは、 MD『エイリアンソルジャー』を思い出させ、ニヤリとさせられたが、当然、「やさしい」ならちゃんと易しくなっている。 EXゲージがほぼ無限という「やさしい」の仕様はどうかと思ったけど、 話を聞くと、「やさしい」は1周で終了で、あくまでも「むずかしい」の導入ということらしいから、まぁ、これはこれでOKか。 逆に、「むずかしい」だとその独特なゲーム性に慣れるまでは、 かなり戸惑って苦労することになるけど、ゲーム通して考えれば、「むずかしい」ってほど難しくない。 特に残念だったのが、キャラが成長していくゆえに、2周目の方が1周目よりヌルく感じられてしまうということ。 こういう作りにするのであれば、もうちょっと2周目の内容には工夫がほしかったところだ。
  グラフィック的には、ドット絵自体は良く描けていると思う。 ただ、多関節キャラに期待していたほどのインパクトが(質、量、共に)なかったのは残念。 ラスボスも迫力不足だったし。
  最後に、割とどうでもいいところではあるんだけど、せっかく尻マシンガンまで復活させたんだし、 となると、やっぱり例のテーマソングが無いのは寂しかったな。


  オリジナリティがあるし、シッカリ作られてはいる。 でも、2周目のヌルさ(&成長要素そのもの)、ジャンプの不自由さが2大マイナス要因で、 ゲーム部分に限ればそこまでツボにハマるという感じではなかったというのが正直なところ。 それでも、クセが強い手塚キャラを上手くゲームに馴染ませていたシナリオが秀逸で、 総合的には好印象が残る一本だった。

2004年1月18日記載