サーフィンと波情報のサーフィン総合情報サイト Kitajin World

サーフィン 波情報 Kitajin World

波の秘密

サーフィン 波情報 Kitajin World
World Surf League 海の秘密 月の秘密 風の秘密 波の秘密
サーファーの秘密 サーフィンテクニック サーフィン用語 波乗り初心者道場 地形の秘密
海の危険な生物 サーフポイントマップ INDEX サーフアート ルール&マナー
波の写真(過去) 波の写真(最近) ハワイのサーフポイントガイド サーフショップリスト サーフィンリンク
サーフィンBOOK サーフィンDVD オンラインサーフショップ サーフレポート Twitter




波の秘密 波の秘密
海へ行こう!
遥か彼方からサーファーに会いに来る波のために・・・
うねりが海岸に近づくとブレイクする。その仕方は、うねりの大きさや方向、海岸の地形、潮汐などの要素が関係する。なかでも重要なのは、うねりがどのくらいのおおきさで、どっちの方角からどんな速度でやってくるのかだ。当たり前だが、うねりがなければ波はブレイクしないし、逆に大きくしっかりしたうねりが押し寄せれば、波が割れている海岸はどこかに必ずある。サーフィンに適した波がブレイクするかしないかを決めるのが、その海岸の地形、正確に言うと海底の地形だ。うねりは、海岸が近づき水深が浅くなるとブレイクする。左右両方向、あるいは片方だけにきれいに割れる波がサーフィンに適しているわけだが、その際、海底の地形がどうなっているかで、波の大きさや形が決まるのだ。潮の満ち引きも重要だ。うねりの大きさなどとの複雑な関係になるが、同じポイントでも、満潮の時には水深が深くなって波は割れないが、それが浅くなる干潮時にブレイクするケースはいくらでもある。さらには海岸近くの風の向きや強さも波の大きさや形に関係してくる普段何気なくサーフィンをしている波も、地球全体の大きな自然の営みの一つの表れだということがわかる。

理想的な波

ひとくちに理想的な波、といってもそれがすべてのサーファーに当てはまるかというとそうではないだろう。ショルダーの張った、ゆっくりとブレイクしていく波が好きだ、という人もいれば、
ある程度ホレていて速めのブレイクが好きだ、という人もいるだろう。
それは波に乗る道具がショートボード、ロングボード、ボディーボードと異なった場合も違ってくると思う。波の良い悪いを決めるにはさまざまな要素がある。波の高さ、フェイスの角度、リップの形、
ブレイクの速さ、ブレイクの仕方、カールのパワーなどがそれだ。
見た目に一番わかりやすいブレイクの仕方、という点から理想の波を考えてみるとこの場合、
ブレイクが1点から始まっていて、それが左右に一定のスピードで広がっていくような波だ。
こういった波が立つ条件はかなり整いにくく、ビーチブレイクよりもリーフブレイクの方が確率は高い。沿岸付近の風も無風か、もしくはそれに近いオフショアが理想だ。ビーチブレイクであっても、
地形がよく、台風や大きめの低気圧が比較的遠くからうねりをもたらしてくれ、
さらに無風かゆるいオフショアなら望めるはずだ。このように理想の波というものに出会うのは、
非常に稀だ。また、目の前に理想の波がブレイクしていても、ゲッティングできなかったり、
いいセットが取れなくて悔しい思いをする人もいる。
いつ「Xデー」を迎えてもいいように、常に努力し技術を磨いておこう!!

波のサイズ

波のサイズを指す場合、日本ではヒザ~腰などの体の部位で表すことがほとんどだ。
ではこのヒザ~腰とは、どこから何を基準に図っているのだろうか?
これは海岸から波に乗っているサーファーを見たもので表されているのだ。
波に乗っているサーファーがボトムに降りたとき、波のトップが体のどこにあるか、
それが基準になっている。ただし、見た人の主観がかなり影響するのと、
その人が果たしてセットの波まで見て言っているのかによっても大きく違う。
ビギナーにありがちな例として、波チェックをたった数分しただけで「お~、今日は胸くらいで、
俺でもできそうだ」 なんてバシャバシャ入ってったら、頭くらいのセットが入ってきて結局アウトにも出れなかった、というのがある。特にビギナーは波のサイズを見極めることが甘いので、
せめてセットがきて、さらに次のセットが入るまでは波チェックすることを薦める。
波のだいたいの大きさがわかるのはもちろん、セットとセットの間隔が何分くらいかがわかる。
それがわかればゲッティングするときもそのセットとセットの間を狙って出れば比較的苦労せず出れるし、セットがだいたいいつくるか読めるので、ムダに波を追いかける必要もなくなる。
また、セットの間隔が長ければ長いほど波長が長く、波のサイズも大きいのも予想がつくのだ。
また、天気予報による海上の波の予測は、沖合いで計測しているのと、計測の仕方がまったく違う。
だから沿岸の海上の波の高さが2メートルなんていってるときも、
海岸はヒザくらいなんてことは当たり前。


ハワイと日本ではサイズの測り方が違う?

ハワイで8フィートの波といえば、ビックウェイバーと呼ばれるツワモノたちの出番となる。
しかし、1フィート=約30cmとすると約240cm。
そんな波なら日本でも台風シーズンに立つんじゃないか?
知らなければ誰もがそう思うハズ。でも実際に写真やビデオで見る8フィートのパイプラインなんてのは、その倍近くに見える。それは海外と日本とでは波の測る基準が違うからだ。
日本は岸から波を見て判断する。それに対しハワイなどの海外では沖から波を見て判断する。
岸から見た波は引き波の力で手前が浅くなるので、その分ボトムからトップまでは高くなる。
沖から見たサイズのほぼ倍のサイズと覚えておけば大丈夫だろう。

ちなみに参考までにハワイのサイズと日本のサイズの表現の仕方を比べてみました。
ハワイ / 1フィート⇒⇒日本 / 腰くらい
ハワイ / 3フィート⇒⇒日本 / 頭くらい
ハワイ / 6フィート⇒⇒日本 / ダブルくらい

また、同じくらいのサイズでも、ハワイはダイレクトにうねりを受けるので、波のパワーがまったく違う。このように海外では日本の常識は通用しないことが多いので、サーフトリップのときはくれぐれも注意してほしい。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson





 
トップページ サイトマップ 当サイトについて 広告掲載について サイトの登録、変更 お問い合わせ
Copyright(C)1999-2015 Kitajin World.All Rights Reserved.

サーフィン 波情報 Kitajin World