サーフィンと波情報のサーフィン総合情報サイト Kitajin World

サーフィン 波情報 Kitajin World

サーフィンテクニック

サーフィン 波情報 Kitajin World
World Surf League 海の秘密 月の秘密 風の秘密 波の秘密
サーファーの秘密 サーフィンテクニック サーフィン用語 波乗り初心者道場 地形の秘密
海の危険な生物 サーフポイントマップ INDEX サーフアート ルール&マナー
波の写真(過去) 波の写真(最近) ハワイのサーフポイントガイド サーフショップリスト サーフィンリンク
サーフィンBOOK サーフィンDVD オンラインサーフショップ サーフレポート Twitter




サーフィンテクニック
華麗なるサーフィンテクニックで一歩先を目指そう!

チューブライディング
波がホレ上がり、ちょうどチューブのように波の内側に空洞ができる。そこをライディングして抜けるテク。波のサイズや地形によってチューブになる波とならない波、なっても抜けられない波など、条件は厳しい。さらにこのチューブに入るタイミングをとるのがシビアなため、このテクはとても難易度が高いものの1つだ。ビーチブレイクでは、ある程度の波のサイズがないとならないため、チューブに入ることは、本当に大変なことなのだ。


カットバック
波のショルダーからスプレーへと戻る時に使うテク。回り込み方が大きくなると、ラウンドハウスカットバックとなる。大会などでハイポイントが出るテクではないけれど、カットバック1つの差が勝負を分けたりもする、ポイントとなるテク。


フローター
進行方向の波が崩れてしまった時などに有効なテク。崩れた波の上を浮いているように抜けていくことから、こう呼ばれる。波の上からボトムに降りる時には、テール側から降りたり、スライドしながらなど、個人のオリジナリティも光るテク。アウトサイドやミドルセクションなら次へのつなぎ技、そしてインサイドのショアブレイクでなら、最後の決め技として使うなど、フローターを使うポジションによっても、その意味が変わってくるテク。


オフザリップ
波のトップへとボトムから急激にターンして、トップでボードを素早く返すテク。スピードとスプレーの量が勝負。大きくスプレーが飛び散るほど、迫力も増す。波の崩れそうなトップギリギリで見せることも大切。


テールスライド
オフザリップをさらに発展、アレンジしたのがテールスライド。トップで返したボードをそのままテール側からスライドさせて、真横を向くほどまでボードを回し込むテク。スプレーの量も多く、目立つ技。バランス感覚も大切で、この後に素早くボードを戻して加速したり、回転させて360度に持ち込んだりできる。


ボトムターン
テイクオフして波の斜面を滑り降り、名前の通り波の底(ボトム)の部分で行うターンの総称。ボードコントロールの基本であり、サーフィンの基本はこのテクで始まり、この技で完成すると言ってもよいほど重要なテクだ!


エアリアル
サーファーとサーフボードが水面から離れて空中に飛び上がり、再び水面に着水するテク。今やフリーサーフィングでの花形テクとなっている。



ノーズライディング(ロングボード)
ボードのノーズ部分に乗ってライディングするテク。ロングボードのロングボードらしさは、このノーズライディングができることだ。片足の爪先をノーズの先端にかけるのがハングファイブ、両足で行うのがハングテン。


フィンファースト(ロングボード)
普通はノーズを前にしてテイクオフするが、テールを前にしてテイクオフするのがスケッグファースト。スケッグファーストでは普段のスタンスと逆でテイクオフし、ボードの回転とともにスタンスが元に戻る。


ウォーキング(ロングボード)
ライディング中にボードの上を歩くテク。ノーズライディングをするためには欠かせない技です。また、前にステップすれば加速、後ろにいけば減速するなど、スピードのコントロールにも用いられる。ウォーキングで重要なのは、体をライディングポジションである横向きのまま、足を交差させてウォーキングするクロスステップがポイント。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson





 
トップページ サイトマップ 当サイトについて 広告掲載について サイトの登録、変更 お問い合わせ
Copyright(C)1999-2015 Kitajin World.All Rights Reserved.

サーフィン 波情報 Kitajin World