サーフィンと波情報のサーフィン総合情報サイト Kitajin World

サーフィン 波情報 Kitajin World

月の秘密

サーフィン 波情報 Kitajin World
World Surf League 海の秘密 月の秘密 風の秘密 波の秘密
サーファーの秘密 サーフィンテクニック サーフィン用語 波乗り初心者道場 地形の秘密
海の危険な生物 サーフポイントマップ INDEX サーフアート ルール&マナー
波の写真(過去) 波の写真(最近) ハワイのサーフポイントガイド サーフショップリスト サーフィンリンク
サーフィンBOOK サーフィンDVD オンラインサーフショップ サーフレポート Twitter




 
月の秘密 月の秘密
月の持つ力・・・
引力により潮の満ち引きが起こる
満月になると胸騒ぎがするのはサーファーの証拠。満月の夜には、なにか不思議な魔力が宿るとよくいいわれる。実際、交通事故や怪奇事件なども満月のときに起こる事が多いとか。月のパワーに人は惑わされるのだろうか。サーファーもまた満月が近付くと胸騒ぎがする生き物らしい。満月の夜に冬のノースショアを訪れると、何人かのサーファーが波に乗っている。空気の澄んだ土地では、月の光が波をしっかりと見せてくれるのだろう。そしてムーンライトサーファーは、太陽の下では味わえない感覚や感情を呼び起こすという

潮の満ち引きとは

潮の満ち引きは月によって起こる。そして潮の満ち引きは波と密接に関わっている。ポイントをチェックしているときや、
サーフィンとサーフィンの休憩のとき、他のサーファーが「今日の上げいっぱい
何時?」などどいって潮見表をチェックしたりしているのを見たりしたことはないだろうか。
ちなみに上げとは潮が満ちていくこと、上げいっぱいは満潮。
逆に潮が満潮から干潮に向かって引いていくのを引きといい、干潮は引きいっぱいとも呼ぶ。
ボトムの地形などによって、引きが良いブレイクのポイントもあれば、上げが良いブレイクのポイントもあるのだ。
月と地球はそれぞれ引力をもっていて、お互いを引っ張りあっている。地球は自転しながら月の周りを回っているので、
月の引力により引っ張られている反対の方向では遠心力が働いている。
このため月に面している部分の海水は引力により引っ張られ海面が盛り上がり、反対側も遠心力により海水が地球から離れようとするので、
同じように海面が盛り上がる。この一番海面が盛り上がっている部分があるということは、
その分へこむ部分もあるわけだから、この__海面が一番へこんでいる部分が干潮となる。
ではこれが具体的にどう波に影響するのだろうか。先程もいったように、ボトムの地形によりブレイクは異なるので一概にはいえないが、
一般的に上げの時間帯は干潮から満潮へ向かう潮の流れにより、沖のうねりが岸に届きやすい。したがって波のサイズが上がることがある。
反対に満潮から干潮に向かう引きの時間帯だと、引き始めは引き潮の力が強いためホレた波が立ちやすい。
ボトムの地形がどうなっていて、この潮の動きでどんなブレイクになるのかを読めることで、ベストな時間帯で充実した波乗りができるようになる。
ちなみに干潮差や干潮満潮の時刻は場所・日によって大きく違うので注意しよう。

大潮、小潮とは

実は潮の満ち引きに影響を与えているのは月だけではない。
太陽も月の約1/2程度の引力ではあるが、潮の動きに影響を及ぼす。
ひと月に一度、新月と満月の日があることは知っているだろう。この日は月と地球と太陽が一直線に並ぶ。
このとき月の引力によってできる海面の盛り上がりが太陽の引力によってできる盛り上がりと一致するため、満潮と干潮の差が最も大きくなる。
これが大潮なのだ。新月と満月の間隔は約2週間で繰り返すので、大潮は約2週間に一度めぐってくる。
また、地球を軸に太陽と月が直角になる日がある。この日は半月といい、それぞれの力が分散して干潮差が一番小さくなる。
これが小潮で、小潮も2週間に一度、大潮の週にめぐってくる。

太陽と月と地球の関係

ひとたび海の魅力にとりつかれてしまうと、今までまったく感じ取れなかった世界が目の前に広がる。
海の潮の満ち引きが気になるのも、そのひとつだろう。潮の満ち引きが月や太陽の動きに関わりを持つことは、小学校のとき既に勉強している。
しかし、具体的にどうしてなのかと言われると、正直なところははっきり解かってないのだろうか。
潮の干潮を明らかにしたのは、あの有名なアイザック・ニュートン。彼は天体の動きから『万有引力の法則を発見した。
それは地球と月はお互いに引き合っているということ。そして太陽の関係。月は地球を中心に約1ヶ月をかけて1週する。
地球は太陽を中心365日で1週する。そしてその引力によって朝夕、潮の干潮がある。
その中で、太陽、地球、月が一直線上に並ぶ満月や新月のとき、月の引力によって地球上の海水は干潮の差を最大にする。
これが大潮と呼ばれる日だ。また、小潮と呼ばれる干潮の差が小さいとき、太陽に対して地球と月は垂直に並び、引力は小さくなる。
今まで海中に隠れていた岩や砂浜は干潮とともに姿を現し海水の流れを変え、潮が満ちるとまたその姿を隠し始め、潮流は変化し、
時としてグット・ウェイブを与えてくれる。こうして干潮の差が、波に乗る『サーフィンに大きな影響を与えるのだ。

バリの波は月の影響が大きい

バリの海域、つまりインド洋はアウトサイドリーフに囲まれているので海底の深浅が大きく、
海峡が細い。そのために月による潮の満ち引きが波のサイズに大きく影響を及ぼす。
満月の頃は潮が満ちて、入り組んだリーフの間を通って海水が大きなうねりとなって押し寄せてくる。
そしてリーフによって極端に狭くなったところまで波がたどり着くと、一挙にエネルギーを発散させ、パワーのある高い波をブレイクさせるのだ。
サーファーがバリの満月にこだわる理由はそれである。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson





 
トップページ サイトマップ 当サイトについて 広告掲載について サイトの登録、変更 お問い合わせ
Copyright(C)1999-2015 Kitajin World.All Rights Reserved.

サーフィン 波情報 Kitajin World