サーフィンと波情報のサーフィン総合情報サイト Kitajin World

サーフィン 波情報 Kitajin World

海の危険な生物

サーフィン 波情報 Kitajin World
World Surf League 海の秘密 月の秘密 風の秘密 波の秘密
サーファーの秘密 サーフィンテクニック サーフィン用語 波乗り初心者道場 地形の秘密
海の危険な生物 サーフポイントマップ INDEX サーフアート ルール&マナー
波の写真(過去) 波の写真(最近) ハワイのサーフポイントガイド サーフショップリスト サーフィンリンク
サーフィンBOOK サーフィンDVD オンラインサーフショップ サーフレポート Twitter




海の危険な生物 海の危険な生物
海は生命の源。ここにはたくさんの生き物たちが共存している。海に入れば様々な生き物との出会いがあり、中にはこちらの不注意や、生き物に対する認識不足で危険なめに合う場合も充分にある。そうした危険を避けるためにも、生き物たちに対する知識を得ること、そして起きてしまったアクシデントに対する処置の方法を学ぶことは大切だ。これもまた海に入り、サーフィンを楽しむための始めの一歩だから・・・。けれど危険な生き物に出会いたくないなんて思っているサーファーたちもまた、ルールやマナーを守らず、自分本位で身勝手に海と接すれば、『危険な生き物』になってしまうことを忘れてはいけない。

クラゲ類
(カツオノエボシ、アンドンクラゲ、アカクラゲ)

クラゲの触覚が身体に触れると激しい痛みがあり、赤紫色にミミズ腫れになる。時にはショック症状、吐き気、呼吸困難を起こす場合もある。朝夕に出会いやすく、風の影響で流されて沿岸域に多く現れたりするので注意。ウエットスーツやラッシュガードである程度は予防できる。
トゲを持つ魚類
(アカエイ、ゴンズイ、ハオコゼ)

毒トゲに刺されると激しい痛みがあり、赤紫色に腫れ、時間とともに痛みが周囲に広がり血圧降下や発汗などの全身症状が起こる。浜に打ち上げられている魚の尾や背ビレ、胸ビレの鋭いトゲはまだ十分に殺傷能力を持っているので触らない、踏まない。
サメ類
(ホホジロザメ、シュモクザメ)

日本では黒潮の暖流が入っている沿岸域や海底からの谷が迫っている沿岸域で確認されている。サーファー、ボディボーダーは、サメが人間を餌と間違えてシャークアタックする場合がある。夜間の海や体に傷があると血の臭いで寄ってくる場合があるので注意。
カニ、エビ類の幼生
(カニ、エビのゾアエ幼生)

目に見えないくせにチクチクするというものの正体。かゆみや皮膚が赤くなり、肌の弱い人は皮膚炎を起こす。藻や浮遊物の周辺に多く、満月の後(満潮時)にふ化し浮遊する。繊維に付着しやすいので、かゆいからといってこすらない。
ウニ類
(ガンガゼ、ムラサキウニ)

トゲが刺さると激しい痛みをともない、赤く腫れ、時にはリンパ腺も腫れ上がることがある。磯から海に入るときや、浅瀬、干潮時の海草の上、岩陰を歩くときには気をつける。
貝類
(アンボイナ、タガヤサンミナシ)

暖流の入っている海岸線の岩礁や珊瑚礁に生息している貝類の中には、人を殺傷するだけの毒針を持った芋貝類がいるので素足で歩いたり、触ったりしない。日本では紀伊半島以南から沖縄に見られる。海外では赤道近くの国々に多い。
タコ類
(ヒョウモンダコ、マダコ)

マダコでも噛まれると腫れ上がったりするが、特に危険なのは相模湾以南の岩礁地帯の浅瀬でも見られるヒョウモンダコ。黄褐色に青い輪紋があり、体調10センチ強。噛まれると呼吸麻痺を起こすので、すぐ病院で治療を受けないと死に至る。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson





 
トップページ サイトマップ 当サイトについて 広告掲載について サイトの登録、変更 お問い合わせ
Copyright(C)1999-2015 Kitajin World.All Rights Reserved.

サーフィン 波情報 Kitajin World