更年期障害の診察

更年期障害を心配して当院に来られた方の診察は次のように行います。 
(高崎市の女性セミナーで、「産婦人科医の話」を担当しました。内容の抜粋はこちら

(更年期障害であるかどうか、中高年に多い他の病気がないか、治療が必要かどうか、などを確認します。)

1.問診

*     どんな症状がいつごろから起こったか、どの程度の強さか。
*     月経の様子は?最後に月経があったのはいつか。
*     最近の心理状態、家族や友人、近所の人との気持ちの通い方
*     睡眠の状態、食生活、日頃の運動
*     今までにかかった病気、現在の病気と飲んでいる薬
*     簡略更年期指数、クッパーマン更年期指数、コーネルメディカルインデックスなどによる検査

2.婦人科診察

*     内診(膣、骨盤内の変化、子宮筋腫やその他卵巣や子宮の腫瘍、炎症の有無)
*     細胞診(子宮の入口や子宮の内膜の細胞をこすりとって子宮癌の有無を調べる)
*     超音波検査(必要に応じて)
*     全身の診察(貧血、むくみ、血圧など)

3.血液検査

*     血液中のホルモン検査
*     貧血、高脂血症(コレステロールなど)、肝機能検査など

4.骨量検査(骨粗しょう症の検査:必要に応じて)


海老原医院  
027(322)4721