きむら けんかどう
 木村蒹葭堂顕彰会


木村蒹葭堂顕彰会について


発起人 

相蘇 一弘 大阪歴史博物館副館長
有坂 隆道 関西大学名誉教授
大塚 和義 国立民族学博物館教授
大庭  脩 皇学館大学長
加地 伸行 大阪大学名誉教授
笠谷和比古 国際日本文化研究センター教授
白幡洋三郎 国際日本文化研究センター教授
多治比郁夫 住吉大社・杏雨書屋嘱託
中尾堅一郎 有限会社中尾松泉堂書店社長
中野 三敏 九州大学名誉教授・福岡大学教授
肥田 晧三 元関西大学教授
日野 龍夫 京都大学教授
水田 紀久 元関西大学教授
藪田  貫 関西大学教授
山田 慶兒 京都大学名誉教授
脇田  修 大阪大学名誉教授・大阪歴史博物館館長


会 則 

一.本会は木村蒹葭堂顕彰会と称する。
二.本会は近世大坂の町人学者で、幅広く学芸の諸分野に活躍した木村蒹葭堂の功績を、内外に顕彰することを目的とする。
三.本会は随時、講演会、研究発表会、機関誌の発行、その他、本会の目的に添う事業を行う。
四.本会の事務局は有限会社中尾松泉堂書店内に置く。
五.本会の目的に賛同し、入会手続きを取った者を賛助会員とする。
六.賛助会員は年会費一口金二千円也を納めるものとする。


活 動 

平成13年1月25日 蒹葭堂二百年忌法要 蒹葭堂展観 於:大応寺
平成14年1月26日 パネルディスカッション「私と木村蒹葭堂」 於:大阪美術倶楽部
平成14年2月01日 木村蒹葭堂顕彰会 大阪歴史博物館第1研修室 午後4時〜5時
平成16年5月25日 木村蒹葭堂来翰集出版記念講演会 於:大阪美術倶楽部


会 報 

創刊号 2002/11/28

・「木村蒹葭堂顕彰会代表御挨拶」 大庭脩
・「木村蒹葭堂顕彰会趣意書」
・「木村蒹葭堂顕彰会会則」
・「岩瀬文庫の蒹葭堂本」 塩村耕
・「蒹葭堂書簡」 管宗次
・「蒹葭堂十三回忌展観目録」 中野三敏
・「蒹葭堂扁額の筆者」 水田紀久
・「ロバートキャンベル氏蔵 蒹葭堂五十回忌展引札」 水田紀久
・「大川の出水と」 佐瀬良幸
・「蒹葭堂来翰集公刊について」 野口隆

第2号 2003/06/01

・「大庭脩代表を悼む」 水田紀久
・「蒹葭堂扁額その後」 水田紀久
・「蒹葭堂の食欲 ある日、長崎で」 佐藤康明
・「蒹葭堂愛唱めりやすの唐音」 塩村耕
・「飛び石伝い」 水田紀久
・「中村真一郎氏の方法」 水田紀久
・「市民おおいに蒹葭堂を語る」 佐野章二
・「特別展 木村蒹葭堂 なにわ知の巨人を開催して」 松浦清





木村蒹葭堂関係刊行物



近 刊
「木村蒹葭堂来翰集 先人旧交書牘」      平成16年5月25日刊

     木村蒹葭堂に届いた79名104通もの書翰を影印。
     浦上玉堂・大田南畝・蠣崎波響・司馬江漢・住友吉左衛門・谷文兆・塙保己一・最上徳内等、
     様々なジャンルに及ぶ。

     縮写影印 翻字対照 筆者略伝 各翰解説 蒹葭堂年譜略 筆者索引付
     B4横判 305ページ
     頒価 10,000円(税抜) 
        ISBN4-88847-008-1 C3095



「諸 国 庶 物 志」   木村蒹葭堂歿後二百年記念出版 


     木村蒹葭堂自筆 諸国物産・金石・習俗記録書
     摂津・河内・和泉・山城・大和の畿内から
     尾張・越前・加賀・能登・江戸・陸奥・仙台・出羽・松前に至る
     東国まで三十五国、三都邑、三地方に及ぶ伝聞・蒐集の記録。

     影印版
     解題:水田紀久
     B5版 平成13年1月25日発行       
     頒価  2,000円(税抜)
        ISBN4-88847-007-3 C3095




「蒹 葭 堂 日 記」            残部僅少

     羽間文庫本蒹葭堂日記 影印・翻刻  二色刷 A5版
     花月庵本 蒹葭堂日記 複製・翻刻編     B5版 付
     頒価 25,000円(税抜)



「羽間文庫本 蒹 葭 堂 日 記」

     複製版・翻刻付 木箱入
     品切