ヘッドライトユニット

ヤフオクで手に入れたPIAAのイオンイエロータイプ。 この色のバルブは値段が高いし、種類により色調が微妙に違うので左右合わせにくいのが難点。 でもガラスレンズ自体にコーティングが入ってると格安な白色バルブが使えるのですべてが解消。 最近はやりの疑似HIDカラーではなく、フォグも併せてイエロービューを求めた新生川B号なのでした。 これらのライトに照らされた前を走るクルマのボディカラーが強制的に黄色掛かってると思わず「してやったり…」の感が生まれるのであった。