RYO号マフラー交換オフ
2000.6.9

かねてから5次元のマフラーを装着していたRYOさんの4thですが、どうやらあの緑色が
気に入らないみたいです(爆)。 春から社会人になった記念もあって(普通は落ち着くものなんですが・・・)
とうとう爆音でお馴染みの柿本に交換してしまいました。 


この記念すべきイベントにPFC中国メンバーがおとなしくしてるはずがありません。
岡山市内からWOさん+ちょっとご近所から橋本さん&私の3人が邪魔をしに・・・いや、お手伝いをしに
はせ参じました。 集合時間は異例の22:00。


深夜に集まる物好き達(いや失礼)

今回(から)はチューニング作業にうってつけの場所がありました。 RYOさん御本人が関係するガソリンスタンド
のピットです。 普通はショップに頼むか、自分でジャッキアップし苦労しながら交換するところだったのですが、
ここには大型リフトがあるのでこういう作業も非常に楽に出来ます。 今後も是非お世話になりたいところですね。


タイヤチェンジャー、バランサーなどお宝の山です。

さて、通販にて購入したのが柿本-改のHYPER2000 Premium FULLMEGA N1+(Single)です。 はやりの(?)後方斜め出しタイプなのですが実物を見てちょっとビックリ。 なんとキャタライザー以降がガソリンタンクの下を通る直線なのです。 まるでST-MAYショットガンのようです。 クリアランスは大丈夫なのでしょうか? しかもタイコ部なんてそのまんまの太さで向こうが見える程の直管ぶり。 これが柿本爆音発生装置なのです(笑)。


輝くステン&軽量マフラーなのです。

まずは現在装着の5次元を取り外します。


タイコだけでなくパイプ全てが緑色でした。 次は誰のプレに装着されるのでしょうか?


一人がボルトを外す間に他の人が支える、複数の人間でないと出来ませんね。

各ボルトにCRCを吹き、エンドのタイコ部・センターパイプと順調に外されていきますが・・・
キャタライザーとサブサイレンサーパイプとの結合ボルト3本のうち1本がかなり錆び付いてて
見事に(笑)舐めてしまいました。 さらにCRCを吹き付けてしばらく休憩(こらこら)。
秘密兵器「ロッキングプライヤ」(初めて見ました、この工具)で苦労の末、見事外されました。


上の柿本の画像と比べてみて下さい、センターパイプの曲がったところが違いますね。

さっそく柿本の取り付け。 舐めてしまったボルトの代わりを見つけてまずはサブサイレンサーパイプ、
付属のガスケットもしっかり入れて結合。 センターパイプの前にエンド分の装着、強化型ゴムリングなので
ブラケットへの装着が困難ではありましたがなんとか挿入。 最後にセンターパイプを挟み込んで出来上がり。


キレイな焼き色のためにここからの作業は新しい軍手でやりました。

リフトからプレを降ろしていざ点火。 「ボンッ!」という爆音と共に低い音質のアイドリング。
RYOさんまずは満足のようです。 付属のインナーサイレンサーを装着するとかなり静かになるので、
車検の時などはこれで問題無さそうです。


砲弾型の大口径エンドです。 この迫力!!

作業完了のあとはサロンでおしゃべり。 GSの苦労話や美味しい話、第2回西日本オフの話、就職の話など0:30くらいまでお邪魔しました。 


橋本号(奥)&WO号

今後は焼きの入った音を聴かせてもらうのが楽しみです。