寄島町シーサイドドライブ
〜2000.9.5〜

初秋とは言い難いくらい日差しの強い とある休日、
ふと思い立ち福山市〜笠岡市〜寄島町〜倉敷市と瀬戸内海を眺めながらドライブしてきました。
実はこの寄島町、PFC中国メンバー“シャアプレさん”とお連れの“Takafuchiさん”がお住まいの所です。
彼らが居ない間に内緒で街を探索してみました・・・

(画像にポインタを当てると解説が出ます)


私が住んでいる福山市駅家町から約30分、PFC中国オフでお馴染みの“笠岡・太陽の広場”へ到着。
青い空に白い雲、なんだかのどかです。 江戸の昔は海だったこの地、何もない草原が広がっています。
広大な干拓地はさながら北海道の大平原を彷彿とさせます。(誇大妄想ですね)

笠岡からさらに海側へ出ると神島(こうのしま)。 カブトガニの繁殖地として有名です。
寺間から外浦へと峠を抜けると海が見えます 笠岡港から瀬戸の島々を経て四国へと渡るフェリーです。 天神宮付近でランチタイム。 潮風を浴びながら「いただきます」
近くにはカブトガニ博物館があり、夏休みは子供連れで賑わうようです。

笠岡市の隣に位置する浅口郡寄島町。 穏やかで明るい感じの街でした。
青佐鼻をかすめて寄島町へと入ります。 すごく近代的な寄島小学校。 “PFC寄島やんちゃコンビ”の母校、寄島中学校。

シャレードパトの後を進んで・・・ 昔ながらの町並みに入ってみました。 尾焼川沿いにある大浦神社、初詣にイイかも・・・

傍示ノ鼻展望台から寄島の街を望みます。 “瀬戸大橋の見える海と太陽の街”寄島町。 井戸寺付近から三郎島(三つ山)を眺めます。

 

海岸線をさらに東へ向かうと倉敷市へ入り、沙美海水浴場があります。
アクロポリス風の石柱。 平日とあって人影はまばらでした。 フェニックス並木が夏のイメージですね。
パーキングの入り口は地中海風、中に入るとウェストコースト風でした。

 

日差しは強かったものの気温はさほど上がらず、窓を開けて走るのがとても心地よかったです。

ドライブ中、仕事中のシャアプレさんと携帯メールでやりとりしていましたが、
詳しい居場所を言わないでいたのがおかしかった。
このレポートを見て驚いている彼の顔を思い浮かべるとたまらんです(笑)。


ちょっとおまけ・・・
ピアッツァ・イルムシャー
帰宅中、後ろからマヨネーズが川B号を追い越していきました。
一瞬R182がネオヒストリック色に染まりました。