H.I.D取り付け 2004.03

レンズユニットのクリーニングだけでかなり明るくなった。
しかし、慣れてくるとまだまだ暗く感じるZ32のプロジェクターハロゲン。
思い切ってH.I.D導入に踏み切る。



サンヨーテクニカの21W型HIDシステムキット。通販で約\30000。
バーナーは9000ケルビンを選択。
H3/H3CタイプなのでZ32にもポン付け。な、筈だったが…。

 
バーナーの形状がH3Cバルブよりも太いので台座が引っかかってユニットに差し込めない。
アルミ製の台座をヤスリで削ることにしたが、ユニットごと外してしまった方が早いと判断。
ついでに針金とティッシュでレンズ内側をクリーニング。
約1時間で配線完了。 蒼白い光が闇夜を照らします。 21W&ブルー系とはいえ明るさは十二分。

しかし光量&点灯が安定しない。 取説に「ガス&触媒の安定に約24時間」と書いてあったのでしばらく様子見。
その後約70時間以上経過しても状況変わらず。 全て取り外してサポートセンターへ手紙を添え送りつけた。

某掲示板にてサポセンの対応の良さは知っていたのだが、1週間経たない内に代替品を送ってきた。

さっそく取り付け。 ほんの少しの瞬きや左右での色温度の違いはあるが(掲示板情報によると)まぁこんなもんかと。


ご覧の通り、運転席側がちょっと赤い。
値段が値段だけにちょっとガマンか。
光量は満足。あとは寿命が永く永く…を祈るだけ。

 

 

その1年後、壊れた。