エンジンオイル添加剤「マイクロロン」


Dinoのマスターに勧められて試してみた。

 

「暖機終了後、オイル1Lにつき80cc注入」
「半分注入後300km走行し残りの半分を注入」
「缶を良く振る」
「レベルゲージから少量ずつ注入」
「注入後は最低30km連続走行」
「注入後100kmは高回転は控える」

など色々と注意点はありますが…

注入するウチにメカノイズがどんどん無くなっていくのに感動。
溶剤が循環&気化していくまで排気ガスに異臭が。

さて、走り出し。
低回転時のガサガサ感が無くなり、ハイギアのままドンドン加速。
シフトアップ時もウルトラスムーズに回転を合わせることが可能。
いつも100%化学合成のオイルを使っているのですが、交換時でも決して味わえない感覚。
「新車には保護剤として、旧車には治癒剤として」と言うのも頷ける気が。
ちょっと高価(約¥1万)なのが難点ですが、効果の持続期間(マニュアルには数万キロと表記)によっては
コストパフォーマンス高いかも。