インナーサイレンサー 2005.10
車検対応のマフラーですが、その音量と室内へのコモリ音はかなりなもの。
ご近所への配慮はもちろん、長距離ドライブの際に頭痛を引き起こすことしばしば…。
そこで重い腰を上げて取り付けすることに。


時にはそのサウンドが欲しくなるのは目に見えているので完全に塞いでしまうのは是が非でも避けたい。
でも取り付け&取り外し作業は面倒。
アイドリング時はサイレンス。 でもアクセルを踏み込んだ時だけ奏でてくれれば…
そんな思いを叶えてくれるのがAPEX'iのアクティブインナーサイレンサー。

115cm用 購入価格\14000

 
排圧が掛かると・・・蓋が押し出され排気効率が上昇


このコイルスプリング、けっこう堅い

さて、試乗! ステージはR184の峠越え!
まずはサイレンサー無しで尾道方面へヒルクライム。
突き抜けるEXノートと共にブースト0.78kgmまで上昇。
アドレナリン大放出。

下った先でサイレンサー装着。 府中方面へのヒルクライム開始。
アイドリング&パーシャル時は“かな〜り=予想以上に”サイレンス。
さて、踏み込み。

・・・う〜ん、どうなんでしょう
狭いところを排気が通り抜ける際の「シュ〜〜〜〜〜〜〜」が結構耳に入ります。
無し状態にはほど遠い・・・かも。
ブーストピークは0.64kgm。 ノーマルが0.5前後だとしたらそれなりの効果は認められた。
まぁこんなモンでしょ。
でも時には完全に外した状態でも走りたい…等と考えながらも帰路へ。

さて、ここからドラマが始まる。

無駄なノイズに邪魔されることなくスイングアウトシスターズを聞いていたら…
左カーブで後方から「キーン!」って金属音。
それと共にN1サウンド復活。
…はい、取れました、サイレンサー。

クルマを止めて取りに行きましょう、夜道へ。
この辺かなぁ〜って探しても…無い。
そして道路の右に沿って大きな川が・・・
暗くて見えないけど、きっとあの冷たい水の底に\14000が。

さて、ヤフオク。
新しく買いましょ。
でももう\14000は出せません。
アクティブでなくて構わん。
ちゃんと外さないとイイ音しないから。
なわけでシンプルな汎用品を物色。
\1800だって。 笑っちゃう。 ソッコー取引。 ソッコー届く。

 
このピカピカ先生を・・・耐熱塗料。


出来上がり。
これで「付けてますー」状態をカモフラージュ

で、取り付け。
 
これに・・・こう。

で、試乗。
アイドリングも踏み込みも“超”サイレンス。
ブーストピーク0.48kgm
シューシュー音もビシバシ届きます
もー これでえーわ。
時々外しちゃうモンね。